じぇんとろまんな日記

時間潰しに、ぶら~~っとお立ち寄り下さい。

“秋”と言えば...読書ですよね、やっぱり♪(^.-)☆

私はあまり、本を読む方ではないのですが・・・・
秋だからと半ば強引に・・・偶には“読書”でもと。

20161003_am.jpg

『雨の日には車をみがいて /五木寛之』


短編集な感じですが、STORYは
(歯切れの悪いイカのように?)繋がってます。
30年近くも前に発売された本です。


土曜に届いて、昨日の日曜、夕方からの一気読み。
内容は決して“走り系”ではありませんが、
読み終わった時には、“9つのステージ”
踏み抜いた感が残りました....なんのこっちゃ!?(-。-)


登場するクルマは、今となっては全て古き欧州車ですが、
カーライフを楽しまれてる方にはお勧めの1冊かも。
(あのテスタロッサが新車時代の書籍ですけどねw)


文庫本でお安いですし、悪徳roman商会からの
Amazonでの購入をお願いします。
ど~せ、そこのアンタ。
暇してるっしょ!?(爆
  ↓↓




PS.
巻末の解説。
徳大寺有恒氏ならではの書き回しなでした。(^^ヾ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://romanet.blog64.fc2.com/tb.php/6456-69545d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad